HOME お問い合わせ サイトマップ 教職員採用情報 プライバシーポリシー 関連校LINK

5教科の特色

HOME >>> 教育内容 >>> 5教科の特色
| 英語 | 数学 | 国語 | 理科 | 地歴・公民 | 

英語 世界に羽ばたく国際人を目指す

英語「英語を英語で理解し、自分の意思を英語で正しく伝えることができる」ようになることを目指します。英語で書かれたメッセージを的確に把握し、それに対する自分の考えを英語で表現できるようになり、国際人としての第一歩を踏み出すことのできる英語力を身につけることを目標とします。

授業スタイル
まとまった文章を論理的に読み進める為のスキル習得を通じて、大学入試で最も必要とされる長文読解力を養います。また、英文法を体系的に学習することで英文の正しい構造を理解し、まとまった英文を書く練習を体験します。

予習・復習
中等部・高等学校ともに、予習を義務付け、授業内や0校時に行う単語テスト・単元別テスト後には間違い直し・分析ノートを提出するなど、常時復習を必要とする授業内容となっています。

◆英語検定
* 中等部:
  卒業までに全員が3級(可能な生徒は準2級)取得を目指します。
* 高等学校:
  卒業までに2級の取得を目指します。
  1次試験対策はもちろん、ネイティブの教員による2次試験(面接)対策講習も常時実施しています。

数学 創造性の基礎を身につける

数学数学への興味・関心をより喚起し、論理的思考力、想像力および直観力などの創造性の基礎を培うことを目指します。単なる「量」ではなく、必要な情報を把握する読解力で様々な角度から問題解決にアプローチする柔軟な発想・知識を身に付け、社会で活躍できる人材を育成することを目標とします。

授業スタイル
中等部では、文字を用いた式の扱い方、図形や数の結びつきなど、数学全般を見渡し、「数学的なものの見方(論理的見解)」をつかむことに主眼をおいて学習します。高校では中学で学んだ事柄を一般的な思考で捉え、より論理的に問題を解決していきます。

予習・復習
必ず授業前日までに、教材の次の授業で扱う部分を読み、復習では、問題集を解くことを課しています。また、授業中に出された課題はその日のうちに取り組むように指導しています。

◆数学検定
定期的に数学検定への受験を奨励し、各自の進路に応じて目標とする検定級を設定しています。また、学校での定期考査以外に模擬試験などで実力を測り、目標値を自ら設定する自主性を養います。数学検定・模擬試験前後には、対策講座や解説講座を開催し、「やりっぱなし」にすることなく、「糧(かて)」にするための指導を行っていきます。

国語 社会性を持った総合的な力を養う

国語低学年の早い段階から、基本的な「読み」・「書き」を意識した授業展開を行いながら、様々な教材を使用して感性や論理性の育成を目指します。
その力を、高学年では基礎力を応用力へ、更には応用力を総合力へと発展させることで、柔軟性のある社会性を持った生徒の育成を目指します。

授業スタイル
中等部では知識の定着のために、「予習→授業→復習→確認テスト→振り返り」の学びのサイクルを身につけるよう指導します。高校では、1年次で現代文・古文・漢文の基礎を徹底して学習し、2年次では基礎事項を確実なものにしながら、分析的な文章の読解の方法を身につけます。3年次では演習を中心とした授業を行い、難関大学や国公立大学に向けた実践力を養います。

予習・復習
夏休み・春休みなどの課題や単元ごとの確認として、宿題確認テストや授業での確認テストを実施しています。確認テストの結果に基づいた講習も実施しています。

◆漢字検定
授業内に行われる漢字小テストや年2回行われる漢字コンクールで培われた漢字学習の成果を「資格」という形にすることで、更なる目標に向かって欲しいという考えから漢字検定の受験を奨励しています。
◆コンクールへの参加
読書感想文コンクールや現代学生百人一首コンクールへの投稿を行っています。全国コンクールへ応募するために、全校生徒に感想文や短歌の創作を行っています。その中から校内選考を行い、優秀な作品を出品しています。過去に全国第一位(文部大臣賞)・全国入賞・全国優良賞・東京都二位など、好成績を残しています。

理科 実験・実習を通して論理的思考力を身につける

理科本校の理科教育は、自然科学の基本的な知識や考え方を実験・実習・授業を通して身につけさせ、理科的な思考法・表現のできる能力を身に付けた生徒の育成を目指します。

授業スタイル
実験や観察を取り入れ、自然科学に興味を持ってもらうことを出発点とし、身近な事物・事象にひそむ法則を理論的・定量的に理解できることを目的とし学習します。中等部では,物理・化学・生物・地学をバランスよく学習し、基本的な知識や原理・法則・理論を習得します。高等学校では、より専門的な内容を学習し,自分なりの意見を論理的に説明できる力を養います。

予習・復習
授業だけでは扱うことができない問題を、問題集などを利用して解くことを課しています。また、定期テスト・模擬試験ごとに間違えた問題をやり直させ提出させています。

地歴・(社会科) コミュニケーション能力を身につける

地歴・(社会科)中高6年間を通して、知識の習得は勿論のこと、現代社会における「問題」を分析的に捉え、その分析の有りようを的確に他者に伝えることができる能力を育成します。

授業スタイル
授業プリントや確認テストなどによる知識の習得に加え、機会あるごとにレポートを課し、分析力と論述力を養います。また、ディベートを通して、自分の主張を上手に相手に伝えたり、お互いに議論するする技術を養います。

予習・復習
常に新聞やニュースなどの新しい情報に興味・関心を持ち、政治・経済・文化など、様々な角度から社会に対する問題意識を持つように指導しています。また、授業で学んだことはその日のうちに復習するように指導しています。